こんにちは!チェルシーです。

 

 

あなたは「季節の変わり目は体調不良になりやすい」という話を耳にしたことはないでしょうか?僕はよくこの話を耳にします。

 

 

しかしなぜ季節の変わり目は体調不良になりやすいのでしょうか?また季節の変わり目の体調不良を予防する方法や、解消する方法はないのでしょうか?今日はその原因と解決策についてまとめてみました。

スポンサードリンク

季節の変わり目はなぜ体調不良になるのか

 

気温の変化と身体の関係

人間には「恒常性(こうじょうせい)」という機能があります。この恒常性というのは、暑い日でも寒い日でも体温を一定に保とうとする機能のことで、これにより暑い場所や寒い場所にいたとしてもすぐには身体に異変が起こったりすることがないのです。

 

 

しかしこの恒常性は無意識に行われているので直接は感じないかもしれませんが、皮膚から感じる気温の変化や状態などを細かく察知して汗を流したり、脂肪をもやしたりと体中で僕たちの体温を調整してくれているので非常に身体に負担がかかるのです

 

自律神経と体調不良の関係

先ほどもお伝えしたとおり季節の変わり目は気温の変化が激しいので、それだけ身体に負担がかかります。またそのような過度な身体への負担は自律神経の乱れにつながります。

 

 

自律神経とは、身体に受ける刺激や情報に対して無意識に反応する神経のことを言います。この自律神経が乱れてしまうとやる気がでなくなったり、眠れなくなったり、身体の免疫力が弱くなって風邪をひきやすくなったり、具合が悪くなったりといったいわゆる体調不良と言われる状態になるのです。

 

 

体調不良を防ぐための3つの予防法

季節の変わり目の体調不良の原因は自律神経の乱れによるものだということは理解していただけたと思います。

 

 

では次は体調不良になる前にできる予防法について考えていきましょう

 

気温の変化の対策をする

季節の変わり目の体調不良の原因について繰り返しお伝えしているように一番の原因は気温の変化です。なので身体に負担をなるべく減らせるよう気温の変化に対応できる準備をするといいでしょう

 

 

具体的に言うとエアコンの温度を外とあまり差をつけすぎない、空調がもし管理できない場所で作業することがあればブランケットや長袖を一着準備するだけでもだいぶ違います。また暑い日には帽子や日傘などで直射日光を避けるのも効果的でしょう。

 

こまめな休憩を心がける

自律神経の働きは先ほどもお伝えした通り無意識によるものです。そのためほとんどすべての人は体調不良を起こすまで自律神経の乱れに気付くことはありません。しかしながらあなたの想像以上に身体は外部からの刺激や情報に対して過敏に反応しているのです。

 

 

ですからあなた自身が意識的に休憩をとることで身体への負担を軽減してあげると体調不良を未然に防ぐことができます。

 

 

また休憩の際には、できれば音楽を聴くなど自分がリラックスできる環境を作って、更に手首や肩などの関節をかるく動かす程度のストレッチなどを取り入れると効果的でしょう。

 

規則正しい生活を心がける

現代社会ではなかなか一番難しい方法かもしれませんね、笑

 

 

毎日バランスのとれた食事を決まった時間に食べる、寝る時間と起きる時間を毎日同じ時間にしてしっかり睡眠を時間を確保する、行き帰りに徒歩の時間を作るなど日ごろから運動する習慣を身につけるetc…

 

 

すべては難しいかもしれませんができる範囲で規則的な生活にすることによっても自律神経は非常に安定します、ぜひ今日から1つなにか試してみて下さい。

 

スポンサードリンク

 

体調不良を治すための2つの解決法

もちろん季節の変わり目の体調不良をすべて事前に解決できればそれに越したことはないでしょう。しかしそうもなかなかいかないものです。そこでもし体調不良になってしまった時の解決策についても見ていきましょう。

 

病院でみてもらう

時間があるのであればやはりこれが一番おすすめです。やはり自分で判断するのではなく専門家に見てもらって意見を聞くというのが一番確実な治療方法でしょう。

 

 

また本当にただの体調不良なのか、それともなにか別の病気なのかなどしっかりと判断してもらうことによって気持ちが楽になることもありますので迷うようなら一度病院で診てもらいましょう。

 

身体をしっかり休める

病院に行くほどでもないな、というときはやはりしっかり休むのが一番です。

 

 

具体的にあげると睡眠時間をしっかり確保して、バランスよい食事(特にビタミン・アミノ酸・カルシウム・マグネシウム・マンガンを意識してとるとよいでしょう)をし、リラックスできる時間を作ることが大事です。リラックスできるのであればお風呂でも音楽でもアロマテラピーでもなんでもOKです。

 

 

しかししっかり休んでも体調が治らないという時は早めにお医者さんに診てもらうことを強くおすすめします。

 

 

まとめ

さて、季節の変わり目の体調不良の原因について詳しくお話しましたがいかがだったでしょうか?

改めて簡単にまとめさせていただきますと…

【原因】

季節の変わり目の体調不良は気温変化により身体に負担がかかり自律神経に乱れるため

【予防法】

規則正しい生活や温度調整など自律神経に対する負担を減らす工夫をしこまめに休憩をとる

【解消法】

しっかりと休養をとる、治らないなら病院に行く

 

といった感じですね。

 

大事なのは季節の変わり目に関係なく自分の身体をいたわるよう心がけるだけで体調不良のほとんどは解決できるんじゃないでしょうか。まだいけるという気持ちもわかりますがぜひ自分のお身体をこれからも大切になさってくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇒季節の変わり目に気を付けたい情報のおすすめ記事一覧に戻る