こんにちは、チェルシーです。

 

あなたは『運動の後に頭痛がする』『座ると更に痛い』なんて経験ないでしょうか。もしくは今まさにそうだということはないでしょうか?

 

運動の後に起こる頭痛の原因はなんなのでしょうか?座ると更に痛いわけは?今回はその原因と対処法などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

運動の後だけの頭痛は心配が少ない

まず安心して欲しいのは、運動の後の頭痛は、片頭痛であることが多いです。

 

片頭痛は、機能的頭痛と呼ばれる種類の頭痛で、慢性的なものでなければそれほど心配する必要はありません。

 

 

運動の後に頭痛がする原因と座ると痛いわけ

なぜ運動の後に頭痛が起こるのでしょうか?

 

その原因は、運動すると酸素を供給するために体中に血液がいつも以上にめぐります。そのため血液が拡張され、血管の周りにある三叉神経(さんさしんけい:こめかみから顔にある神経)が圧迫されてズキズキとした頭痛がおこるのです。

 

また血管が原因なので、姿勢を変えるなどすると血流に影響がでて更に痛むことがあります。運動の後の頭痛で、座ると更に痛いといった症状がでるのはこれが原因です。

 

運動が急で激しいほど片頭痛はおきやすくなるので、心配な人はしっかり準備運動するなどの対策をしておきましょうね。

 

 

運動の後の頭痛の主な症状

片頭痛の主な症状は、その名前の通り頭の片側にズキズキとした痛みが走ることが多いです、しかし頭の両側がズキズキ痛むこともあるので、こめかみあたりがズキズキ痛む頭痛と考えるといいかもしれませんね。

 

その他、頭痛にともなう吐き気などの症状がでることもあります。

 

 

運動の後の頭痛の対処法

運動が原因であれば安静すると痛みがひくことがほとんどですが、頭痛は症状がでたら薬を飲むことも推奨されています。

 

ロキソニンやEVEなど市販されている鎮痛剤も一定の効果が期待できます。(事前に必ず薬剤師さんに症状を伝えて相談して下さいね)

 

強い痛みなどの場合は、お医者さんに相談して必要があれば、更に頭痛にきく薬(エルゴタミンやトリプタン)を処方してもうらこともあります

 

 

その他の頭痛が原因の場合も

運動による頭痛は、血管の拡張が主な原因と考えられますが、運動中の事故(転倒など)が原因で頭痛がおこった場合など、緊急性のある器質的頭痛の可能性もあります。

 

一般的に運動の後の頭痛は、片頭痛であることが多いというだけなので、痛みが激しい、意識がもうろうとする、頭痛がずっと続く、転倒した、ぶつかったなどがあれば片頭痛と決めつけず、早めにお医者さんに相談しましょう。

 

ちなみに病院に行く場合は、神経内科、脳神経外科、内科のどれかを受診するといいでしょう。

 

 

器質的頭痛と機能的頭痛

頭痛は大きくわけると器質的頭痛と機能的頭痛の2つの種類に分けることができます。

 

器質的頭痛とは、脳の病気や負傷によっておこるもので、くも膜下出血や脳出血などが代表です。

 

もうひとつの機能的頭痛とは、心や神経が原因で起こる頭痛で代表的なものに運動の後の頭痛の主な原因となる片頭痛や緊張型頭痛などがあります

 

症状の差としては、器質的頭痛は緊急性が高いことに対して、機能的頭痛についてはそれほど緊急性がないと言われています。

 

 

まとめ

運動の後の頭痛-座ると痛いなどの症状が出た場合はいかがだったでしょうか。

 

運動後の頭痛の主な原因は片頭痛であることが多いです、なのでそれほど心配しなくてもそのうち治ると安心していてもいいんじゃないかな、と個人的に思います。(心配しすぎるのも、頭痛の原因になることもありますしね。)

 

ただし、その後に頭痛がおさまらなかったり、症状に違和感を覚えるときは、念のためにお医者さんにいく準備だけは忘れないようにして下さいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。