こんにちは、チェルシーです。

 

RSウイルス感染症は、乳児ではインフルエンザよりも死亡率が高いという報告もある恐ろしい病気です。でも症状が非常に風邪に似ててRSウイルスかどうかの判断って難しいですよね。

 

そもそもRSウイルスって検査できるんでしょうか、もしできるならどれくらいの費用で、更に保険適用はあるんでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

RSウイルスの特徴

RSウイルスとは、呼吸器系に疾患を発生させるウイルスで、秋から冬にかけて流行することが多いです。

 

症状としては、鼻水、発熱、喉の痛みなど風邪の症状に非常によく似ており、また健康な大人なら重症化することはほとんどあまりありません。

 

乳児、幼児、高齢者など免疫や抵抗力が弱い人の場合、症状が重くなることもあり、上の症状に加えて喘鳴(ぜんめい:ゼーゼーと呼吸が苦しくなる症状)や呼吸困難になったり、肺炎をおこしたりすることがあります。

 

スポンサードリンク

 

RSウイルスの検査方法

RSウイルスの症状は、上の通り風邪に非常によく似ていて、お医者さんでも症状からRSウイルスかどうか判断するのは非常に難しいです。

 

でも大丈夫です、病院に行けばRSウイルスの検査は行うことは可能です。

 

検査方法は3段階

まずは簡易検査キット

まず最初に検査する方法は、通常簡易検査キットを使う方法です。

 

インフルエンザの検査をしたことがある人なら想像つくと思いますが、綿棒を鼻につっこまれて、RSウイルスの有無を検査される検査方法で、30分ほどで検査結果が出ます。

 

しかしこの検査だけだと、RSウイルスが鼻の中にいることは確認できても、本当にRSウイルスが原因で、どれくらいの量なのかといったことは検査できません。

 

血液検査とレントゲン

簡易検査キットでRSウイルス感染症の疑いが強くなった場合、続いて血液検査でRSウイルスに感染しているかどうかをチェックします。

 

検査の結果、RSウイルスに感染していた場合は、感染の状況を確認するためにレントゲン撮影に入るのが一般的です。

 

 

検査に保険適用はあるの?

RSウイルスの検査方法がわかったのはいいですが、次に気になるのは検査の費用に保険適用があるのかどうか。

 

結論を先に言うと、一定の条件にあてはまる場合はRSウイルスの検査の費用に保険適用することができます。

 

【保険適用の条件】

・1歳未満の子ども

・入院中の患者

・2歳未満で呼吸器、循環器に疾患がある

・2歳未満で免疫不全

・2歳未満でダウン症など

 

要は1歳未満の子どもと、2歳未満で一定の病気を持ってる子と入院中の人は、RSウイルスの検査に保険適用があるということですね。

 

 

検査の費用はどれくらい?

RSウイルスの検査に保険適用できない人でも、検査そのものが無理というわけではありません。でもそこで気になるのはやっぱり検査の費用。

 

これはどうやら病院によりけりみたいですが、処置代等含めるとだいたい6,000円前後が相場のようです。

 

 

RSウイルスの検査の必要性

もし保険適用できない場合、検査に6,000円くらいかかるということですが、決して安い金額ではないですよね。

 

そこで思うのが「ぶっちゃけRSウイルスの検査って必要?」ってこと、個人的には、ほとんどの場合必要ないと思っています。

 

検査が必要ないと思う理由

RSウイルスの検査が必要ないと思う理由としては、RSウイルスには現状として特効薬がなく、対症療法(症状を和らげるための治療法)が行われており、そしてほとんどの場合は、ほぼ風邪と一緒の方法です。

 

もっと突っ込んで言うと「RSウイルスですね」とわかったところで、どうしようもないので、それなら無理に検査してまでRSウイルスであることを把握するのはあまり意味がないかと思います。

 

また年によっては検査キットの量に限りがあることがあるので、本当に検査が必要な人が優先的に使えるよう、ただ不安という理由だけで、検査の必要のない人が無暗に検査をするのには、個人的に疑問があります。

 

検査が必要な人とは?

「RSウイルスの検査なんて必要ない」と言っておいてなんですが、次のような場合は検査がおすすめです。

 

・家族に小さい子どもがいる場合

・呼吸器系、循環器系に疾患がある人がいる場合

・妊娠中の人がいる場合

・高齢者がいる場合

・保険適用の対象になる場合

・高齢者の場合

 

RSウイルスのやっかいな特徴として、その感染力の高さがあります。要は検査してRSウイルスということがわかれば、その感染者を隔離したり、対策を施すことにより、二次感染を防ぐことができます。

 

また保険適用の対象となるような子どもの場合は、シナジスという抗体をあらかじめ注射して、RSウイルスの重症化を防ぐことができたり、高齢者の人などの場合は、重症化する可能性が高いので早めに処置をすすめたり、感染の予防が重要になってくるので、RSウイルスの検査をがおすすめになってきます。

 

 

まとめ

以上、RSウイルスの検査についていかがだったでしょうか。簡単にまとめると…

 

・RSウイルスは症状からは判断が難しい

 

・幼い子ども、高齢者は重症化することも

 

・病院なら3段階で検査することが可能

 

・一定の要件にあてはまれば保険適用があり

-1歳未満の子ども

-2歳以下で特定の疾患などがある子ども

-入院中の患者

 

・検査の費用は総額6,000円くらいが多い

 

・RSウイルスの検査はただ知りたいだけなら不要

 

・うつしたくない人がいる、身体が弱いなどある場合は検査がおすすめ

 

と言ったところでしょうか。

 

RSウイルスは2歳までにほぼ全員の人が感染する病気と言われています。

 

そのためかからないようにする以上に重症化させない、うつさないを重点的に考えて対処することがおすすめです。

 

なので検査もその点を重視して、お医者さんと相談しながら検討してみて下さいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇒RSウイルスに関する情報が知りたい人へおすすめ記事一覧に戻る