こんにちは!チェルシーです。

 

感染力がとても強く、冬場に流行のピークを迎えるインフルエンザウイルス。毎年流行して、いつ自分がかかってしまうか心配になりますよね。

 

インフルエンザウイルスの潜伏期間や、感染してから治るまでの時間、治ってからどれくらい休めばいいのかなど、詳しいところまであまりよく分からない、という人もいるのではないでしょうか。

 

自分がインフルエンザにならないためにも、そして周りにうつさないようにするために少しでも知識を深めていきませんか。

 

スポンサードリンク

 

そもそもインフルエンザっていつ感染するの?

インフルエンザって冬場に大流行しますよね。学校や会社でも毎年この季節になると休む人が多くなります。いったい彼らはどこで、どうやってインフルエンザウイルスに感染するのでしょうか。

 

感染経路について

インフルエンザウイルスについてまず知っておかなくてはならないことは、その感染経路です。おおまかには3つあると言われています。

 

1つ目は接触感染。感染者がウイルスの付いた手で物を触って、それに触れて、口などにウイルスが体内に侵入してしまう、などのことです。

 

2つ目は飛沫感染。感染者が咳やくしゃみをして、その飛沫が口や粘膜に付着して感染してしまうことです。

 

最後の3つ目は、飛沫感染と少し似ている空気感染です。厳密には飛沫核感染という名前で、咳やくしゃみなどで排出されたインフルエンザウイルスが含まれている飛沫中の水分が蒸発して(飛沫核)、空気中に漂います。その飛沫核を吸い込んで感染する状態のことを空気感染と言います。

 

冬場は空気が乾燥しているため、ウイルスが浮遊しやすい環境になっています。そのため冬場にインフルエンザが流行してしまう、という訳なんですね。

 

感染しないようにするには

インフルエンザにかからないためには予防接種が有効ですが、マスクを着用してインフルエンザウイルスを吸い込まないようにすることも重要です。また、インフルエンザウイルスは湿気に弱いという性質を持っているため部屋の湿度をある程度高く保つ、ということもインフルエンザ予防に役立ちます。

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザの感染期間

さて、インフルエンザがどうやって感染するかをみてきましたが、もしインフルエンザウイルスに感染してしまった場合、インフルエンザの感染期間はどれくらいになるのでしょうか、またそもそも感染期間というのはいつからいつまでをいうのでしょうか。

 

インフルエンザの感染期間って?

実は感染期間の厳密な定義はないようです。ただインフルエンザの感染期間というと、一般的に人にうつる可能性のある期間を指すようです。そしてインフルエンザの感染期間はそれぞれ潜伏期間発症期間回復期間(二次感染期間)にわけることができます。

 

インフルエンザの具体的な感染期間

潜伏期間とは、インフルエンザウイルスに感染してから症状が現れるまでの期間のことを言います。通常、インフルエンザの潜伏期間は1〜3日間と言われています。また発症して体調不良に見舞われる発症期間はおおよそ3~5日ほどです。また体調が回復した後の回復期間にも体内にはインフルエンザウイルスが数日残っています。完全にインフルエンザが他人にうつらなくなるまでは発症からおおよそ1週間ほどかかると言われています。

 

つまりインフルエンザの感染期間は、潜伏期間も含めるとだいたい1週間~10日ほどということになります。(もちろん個人差もあります。)

 

インフルエンザ対策をもっと詳しく

そして体内に侵入したウイルスは爆発的にその数を増やしていき、体内に侵入した一つのウイルスが約8時間後には100個に、16時間後には10,000個に、24時間後には1,000,000個(100万個)にまで増えていくと言われています。症状が発生していない潜伏期間や症状の治まった回復期間でもインフルエンザウイルスは強い感染力で周りに感染していきます。

 

流行時には、病院、学校、会社には必ずと言っていいほどインフルエンザウイルスが存在すると言っても過言ではありません。インフルエンザにかかると学校が閉鎖したり、自宅待機命令が出されますが、インフルエンザウイルスを撒き散らさないようにするためには「隔離」が一番有効的なんですね。

 

でも、家庭内で誰かがインフルエンザに感染したら、その人と接触しないようにすることって難しいですよね。ほぼ不可能と言ってもいいくらいです。そして少し体調がおかしいなと思って検査機関を受診しても、体内のインフルエンザウイルスが少なければ「ただの風邪」と診断されることがあります。ウイルスがかなり増えないとインフルエンザかどうかを見分けることは難しいと言えます。

 

更に言うとインフルエンザウイルスを「0」にすることは不可能です。人の体内には数種類のウイルスが常駐しています。「0」にしようとは思わずに、自分自身の免疫力を上げてウイルスが増えないように倒すということを考えるようにしましょう。

 

また、体の免疫力を上げる以外にも、インフルエンザに対する予防法があります。基本中の基本ですが、それは予防接種です。現在、インフルエンザウイルスの研究が進んでいるおかげで、今年流行するインフルエンザの型を予測し、それに即したワクチン接種を受けることができます。事前にワクチン接種を受けることで感染のリスクを下げることができ、もし発症しても重症化を防ぐことも可能です。

 

ただし、新種の型が発生したり、予想が外れてしまった場合は予防接種という方法も有効ではありません。常にインフルエンザについてアンテナを張って、情報を収集することを怠らないようにしてください。そして日頃からの手洗いうがい、アルコール消毒を忘れないようにし、規則正しい生活をして自身の免疫力を上げることも怠らないようにしてください。その心がけが一番の予防につながるかもしれませんよ。

 

 

まとめ

・インフルエンザは強い感染力をもち、多くの感染経路が存在する

 

・潜伏期間は比較的短いが、ウイルス増殖速度がとても早い

 

・潜伏期間中も感染させてしまう恐れがある

 

・症状が治まってもまだ自分が感染源であるということを忘れてはいけない

 

・予防接種も大事ですが、日頃の意識の改善が一番の予防にもなる

いかがだったでしょうか。インフルエンザは驚異的なパワー持つウイルスですが、正しい知識を備えることでインフルエンザの感染拡大・予防に役立てましょうね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇒インフルエンザの治療・予防・知識のおすすめ記事一覧に戻る