こんにちは、チェルシーです!

 

冬になるとインフルエンザやノロウイルスが流行してる、ってよくニュースで聞いたりしますよね。それと同じくらい耳にするのが「予防接種はお済みですか?」という言葉。

 

みなさんは予防接種ちゃんとしていますか?私はしていますよ。インフルエンザの予防接種って大事ですもんね。あれ、でもちょっと待ってください。ノロウイルスの予防接種って聞いたことありますか?インフルエンザの予防接種はあるのに、ノロウイルスの予防接種はないのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

ノロウイルスとは

冬場に流行するノロウイルス。感染後1〜2日の潜伏期間後に発症し、下痢や嘔吐、腹痛、軽い発熱を起こします。寒い時期に旬を迎える二枚貝や、その他食品を十分に日が通っていない状態で食べることで感染したり、感染者の嘔吐物や便がかかってしまって感染したり、と一次感染の他にも二次感染にも注意が必要なウイルス性の感染性胃腸炎です。

 

スポンサードリンク

 

ノロウイルスに薬はあるのか?

はっきり言って、ノロウイルスを治療するための有効な抗ウイルス剤や予防ワクチンは現在ありません。製薬会社で研究は進んでいるようですので、薬が開発されるのを待つしかないようですね。

 

ノロウイルスになって病院で処方される薬

薬の目的は治療ではなく症状緩和

薬がないのはわかりましたが、中にはお医者さんに行って薬を処方された人もいると思います。だいたいが吐き気止めか整腸剤です。ただし、症状が和らぐか和らがないか程度のものです。

 

ノロウイルスの薬として下痢止めが処方されない理由

なぜ同じ薬でも、下痢止めなどを処方せずに整腸剤などの薬しか処方されないのでしょうか。それは現段階では、とにかくノロウイルスを体の外へ排出すること、が回復への一番の手段だからです。不用意に市販の下痢止めなどを使用してしまうと、本来体外へ排出されるはずのものが体内に残ってしまい、逆に回復を遅らせてしまうからなんですね。

 

もし、どうしても症状を和らげたい場合は、ノロウイルス排出と関係のない整腸剤か、正露丸がおすすめです。ちなみに正露丸は様々な製薬会社が販売していて、ロートエキスというものがはいっているものがあります。ロートエキスが入っていると眠くなったり、口が乾きやすくなる、といった副作用があるので運転をされる方などは注意して服用してくださいね。

 

薬なしでノロウイルス感染から回復するには

薬じゃないノロウイルスの回復方法

予防ワクチンもなければ薬もない。ではどうすればいいのでしょうか。少し上でも触れましたが、ノロウイルスを治すには、「とにかくノロウイルスを身体の外に排出すること」に限ります。それは嘔吐によるものなのか、排便によるものなのかは個々人によると思いますが、とにかく体外へ排出させることが回復への近道です。

 

ただ恐いのが下痢や嘔吐が続くとウイルスと一緒に身体中の水分も一緒に排出されておこる脱水症状。絶対に水分補給を欠かさないようにしましょう。またなるべく常温のものを飲むようにして、胃や腸に不要な刺激を与えないようにしてくださいね。

 

子供や高齢の方は特に注意

大の大人でも苦しいノロウイルスですが、身体の出来上がっていない小さな子供や、体力が衰えている高齢者の方は特に脱水症状になりやすいので、こまめに水分補給(スポーツドリンクや経口補水液がオススメ)をしてくださいね。

 

もし、症状が重いと思ったら医療機関などを受診して、点滴をしてもらうようにしましょう。また、嘔吐物が喉に詰まって最悪亡くなられる方もいらっしゃいますので、細心の注意を払うようにしてくださいね。

 

薬なしで早く回復するコツ

ノロウイルスは嘔吐や下痢を繰り返すので体力を消耗してしまいます。体力をつけようと思ってガツガツ食べると逆効果です。そこでオススメなのが、食事は二食抜いてスポーツドリンク・経口補水液をちびちび飲むことです。そして症状が回復してきて食欲が湧いてきたら、消化にいいもの少しずつ摂る。これが回復への近道ですよ。

 

 

ノロウイルスに有効なものはあるのか

消毒はアルコールじゃなくハイターで

ノロウイルスはアルコールでは消毒することはできません。感染者が嘔吐してしまった場所などを消毒するときは次亜塩素酸ナトリウムを薄めて使用しましょう。ちなみに次亜塩素酸ナトリウムはご家庭にある「キッチンハイター」に含まれています。

 

水500ml に対してキッチンハイターをペットボトルキャップ1〜2杯いれて、よく混ぜてください。これで消毒液が完成です。ただし、この消毒液は手や指、肌につくと荒れてしまうので、使用する際は使い捨てのゴム手袋を着用してくださいね。マスクをつけるのも忘れずに。また言うまでもないですがあくまで消毒液であって薬ではないので間違っても絶対に口に含まないようにして下さい。

 

あとは普段からの手洗い・うがいも効果的です。帰宅をしたら、料理する前、トイレから出たあとは絶対に手洗いうがいをしましょう。手の表面に付いた汚れと一緒にウイルスを洗い流すことで感染リスクを下げることができますからね。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか、今回の内容をまとめると

・現在、ノロウイルスに有効なワクチン、抗ウイルス剤はない。

 

・ただし、今後研究が進めば薬が出てくるかもしれない。

 

・医者に行っても症状を少し和らげる程度の薬しか処方されない

 

・とにかく体外へウイルスを排出することが回復への近道

 

・脱水症状が伴うのでこまめな水分補給が必要。

 

・小さな子供、高齢者は特に注意!

 

・キッチンハイターを薄めた消毒液で徹底消毒

 

・日頃の手洗いうがいも有効!

医者にかからずとも治すことのできるノロウイルスですが、対処方法を間違えば回復を遅らせる可能性があります。正しい方法で素早く回復することが、二次感染の予防にもなります。でも本当に苦しければ医療機関を受診する、ということも忘れないようにしましょうね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇒ノロウイルスの治療や予防の知識が知りたい人へおすすめ記事一覧に戻る