こんにちは、チェルシーです。

 

ノロウイルスって知っていますか?寒い時期によく耳にすると思いますが、自分には関係ないや、と思っているあなた!ノロウイルスはとても怖いものです。もし自分がならなくてもあなたの身の回りの人、家族なんかノロウイルスにかかってしまう恐れがあります。

 

そんなときどうしたらいいのか迷ってしまうことがあると思います。ノロウイルスにかからないようにするためには、かかってしまったときにどうすればいいのかをあらかじめ知っておくと、いざという時に対処できるかもしれませんよ。

 

スポンサードリンク

 

ノロウイルスとは

ノロウイルス(ノロウイルス感染症)とは、主に冬場の12~1月頃に流行することが多く、乳幼児から高齢者まで非常に幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こすウイルス性の感染症のことです。

 

感染してから1〜2日ほどで発症し、下痢、嘔吐、腹痛、軽度の発熱(37〜38℃)を起こします。また通常は発症から2〜3日で回復しますが、回復した後でも体内にウイルスが残っていることがあり、二次感染の恐れがあるなど非常に感染力の強い病気なので、ノロウイルスの対策としては、消毒が非常に重要になります。

 

ノロウイルスの特徴

ノロウイルスの特徴はヒトの腸管内でのみ増殖し、感染力がとても強いことが挙げられます。そしてアルコール消毒液や熱に対する抵抗力があり、自然環境下でも長期生存が可能です。さらに一度かかっても再度感染する可能性があります。

 

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスは主に接触感染、飛沫感染が主な感染経路になります。例えば牡蠣などの二枚貝がノロウイルスに感染していて、それを生で食してしまったり、十分な加熱処理をされていない食品を摂取してしまうなどです。その他にも、繁華街や不特定多数の人が多くいる場所などでも接触・飛沫感染への注意が必要です。

 

ノロウイルスにかかってしまったら

現在、ノロウイルスに有効な抗ウイルス剤はなく、対症療法が行われます。ただし、症状が重い場合は病院で点滴を行うなどの治療が必要なこともあるので、医療機関を受診するようにしましょう。また、下痢がひどいからといって無闇に下痢止めを服用すると、ウイルスが腸内に溜まり、回復を遅らせることになるので注意してくださいね。

 

そのためとにかく感染や二次感染を防ぐのが大切なので、ノロウイルスは感染源をきっちりと消毒することが非常に重要なのです。

 

スポンサードリンク

 

ノロウイルスの消毒の前に

ではノロウイルスに感染しないようにするためにはどのような消毒方法が必要なのでしょうか。

 

手洗い

ノロウイルスの消毒の基本は手洗いです。石鹸にはノロウイルスを直接退治する効果はありませんが、汚れを落とすことにより、ノロウイルスなどのウイルスを手指からはがれやすくする効果があります。そのためノロウイルスの消毒前と消毒後には必ず手洗いを心がけましょう。

 

またただ単にさっと洗うだけでなく、特に親指周りと爪、指先、しわの部分は洗い残しが多いので、意識して手もみ洗い、ブラシなどを使って洗うようにしましょう。手だけではなく、手首も意識して洗うようにすると効果アップですよ。

 

消毒に有効な薬品

次に消毒に有効な薬品を紹介します。ノロウイルスの消毒に有効な薬品はズバリ、次亜塩素酸ナトリウムです。次亜塩素酸ナトリウムは身近なもので言えば「キッチンハイター」に含まれていますので、それを使うといいでしょう。

 

使用する場合は薄めて(1%以下で)使用してください。用途や消毒箇所によって濃度が変わってくるのでまた下で詳しく解説しますね。

 

ノロウイルスの消毒方法

突然吐き気を催してトイレ以外の場所で吐いちゃった場合や、小さなお子さんがいる場合は衣服やカーペットなどが汚れしまうことがあります。そんなとき、どう処理・消毒をすればいいのでしょうか

 

汚物などの処理方法

ノロウイルス感染者の嘔吐物には大量のウイルスが含まれています。また、ノロウイルスは乾燥すると空気中に飛散してしまいますので、乾いてしまう前に迅速に的確に処理する必要があります。

 

早く処理をしないといけないからって素手で触ってしまってはいけません。使い捨てのゴム手袋、マスク、エプロンなどを着用して「直接」汚物に触らないように気をつけて処理をするようにしましょう。そして処理に使用したもの、汚物はビニール袋で密封して外にノロウイルスが出ないようにしましょう。

 

また、嘔吐物は広範囲に飛散している可能性があるので、少なくとも半径2mくらいは消毒をするように心がけましょう。

 

加熱できるものの消毒方法

85℃で1分以上の加熱をすることである程度消毒することが可能です。カーペットの表面などを消毒する場合は、汚物を綺麗に取り除いた後にスチームアイロンなどで2分ほど加熱してあげましょう。素材によっては溶けてしまうことがあるので様子を見ながら、当て布をしながら行うようにしましょう。ただし、この方法は広範囲の消毒には不向きですので注意が必要です。

 

消毒剤が使えるものの消毒方法

さて、上でも軽く触れた次亜塩素酸ナトリウム(キッチンハイターなど)でノロウイルスを消毒する方法です。

 

次亜塩素酸ナトリウムを使った消毒方法

ノロウイルスはアルコールに耐性があるため、アルコールで拭き取ってもちゃんと消毒はできません。そこで次亜塩素酸ナトリウムを使用して消毒しましょう。

 

調理器具などは、洗剤などで十分に洗浄した後で約0.2%の消毒液に少し浸した後で、流水で洗い流してペーパータオルなどで拭き取りましょう。(加熱できるものについては熱湯で煮沸消毒も有効です。)ドアノブやテーブルなど日用品は、0.1%程度の消毒液をつけたペパータオルなどで拭き取りましょう。拭き取った後は数分置いた後に、綺麗なタオルかペーパータオルで水拭きをしてから乾拭きをすると効果がアップしますよ。

 

ただし、次亜塩素酸ナトリウムは金属を錆びさせてしまう可能性があるので注意が必要です。ちなみに500mlのペットボトルに対してペットボトルキャップ1杯くらいで0.1%の濃度の消毒液を作ることができますが、キッチンハイターの種類によっては次亜塩素酸ナトリウムの含有量に違いがあるものがあるため、説明書きをしっかり読んで消毒液を作るようにしましょうね。

 

小さな子供がいる場合の消毒方法

小さな子供(特に赤ちゃん)は手にしたものを何でも口にしてしまいますよね。キッチンハイターではちょっと・・・、という方には「ミルトン」なども有用ですよ。

ベビーグッズを洗剤でよく洗った後に0.02%程度の濃度の消毒液に10分間浸したあとに取り出して流水でよく洗って乾燥させましょう。(ミルトン4リットル専用容器の場合だと、水3920mlに対してミルトン80ml)

 

衣類などの消毒方法

ノロウイルスが付着してしまった衣服などは、ウイルスが飛び散らないようにした後に、洗剤を入れた水の中で静かにもみ洗いをし、下洗いをしましょう。その時、しぶきが飛び散らないように気をつけましょう。飛び散ったしぶきの中にもノロウイルスがある場合がありますからね。

 

その後に、0.02%の消毒液に浸して消毒をしましょう。そして十分にすすいで(2回ほどすすぐといいです)、乾燥させましょう。高温の乾燥機を使用すると殺菌効果が高まります。下洗いをした場所も同じ濃度の消毒液で消毒をして洗剤で綺麗にしましょう。

 

また、キッチンハイターなどには漂白成分も含まれているため、色物を消毒する場合には十分注意をしましょう。ノロウイルスが飛び散らないように処理をした上で、思い切って捨ててしまうのも手の1つかもしれませんよ。(もったいないですけどね・・・涙)

 

ノロウイルスが付着したものの処分方法

上で捨てるのも一つの手、と説明しましたがもちろんそのまま捨ててはいけません。汚物が付着した衣類などにも当然ノロウイルスが付着しています。捨てるものでもしっかりと消毒をしてから、各自治体の決まりに応じて捨てるように心がけましょう。

 

あなたの気遣いでノロウイルスに感染する人が一人でも減るかもしれません。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

・ノロウイルスは感染力が強くて、接触・飛沫感染する。

 

・ノロウイルスの抗ウイルス剤は今の所ないので、対症療法で対処しよう

 

・手洗いうがいをしっかりすることで感染リスクを減らすことができる

 

・身の回りのものを殺菌消毒することでもリスクを減らすことができる

 

・次亜塩素酸ナトリウムの消毒液が効果的ただし、用法容量をしっかり守って使用しましょう。

 

・あなたの気遣い一つで感染者を減らすことができます

ここで紹介したのはあくまで一例ですので、ご自分の状況などを十分に確認をした上で、殺菌消毒を行うようにしましょう。ノロウイルスに感染しないことが一番ですが、もし自分がかかってしまった、身の回りの人、家族が感染してしまった時には参考にしてみてくださいね。

 

最後までよんでいただきありがとうございました。

 

⇒ノロウイルスの治療や予防の知識が知りたい人へおすすめ記事一覧に戻る